マツダCX-30はへんてこりんなデザインで驚いてしまった

 
マツダCX-30が発表されました。
コンパクトSUVということでマツダっぽいSUVです。
このマツダCX-30は新型Mazda3ベースのCセグメントSUVで非常にカッコイイという評判もあります。


しかし多くの意見では「何か変」「下側の黒の樹脂が大きすぎるのでは?」といった声が上がっています。
私も最初見た時は何だか微妙な気持ちになりました。

マツダと言えば流麗なデザイン性が特徴で形はそのままだと思いますがこのCX-30はデザインが今一つです。

CX-30は差別化を図った?


マツダがときに批判される場合は全ての車種が同じ顔で似たようなデザインということです。
確かにマツダ車はどれも同じような顔つきです。
大きいのはSUV、小さいのはセダン型という感じですね。

魂動デザインで全てが同じに見えるのは仕方ないでしょう。またイメージカラーが赤ですべての車種が赤という印象があるのも同じに見える原因です。
このCX-30も赤がイメージカラーでCX-5と差別化することが難しいというところはあったんでしょうね。

そういったことで黒い樹脂部分を大きく取ってCX-5とは違うんだよということを表現したかったのだと思います。
これならCX-30とCX-5とは一目瞭然に違いが分かります。

この黒い部分が無かったらどっちがどっちで分からなくなったでしょう。
マツダ信者以外は見分けが付かなくなります。

マツダ信者はSUVに興味がない?


ところでマツダ信者はどうやらSUVには興味がないようです。
それもその筈でマツダ信者というのは昭和の頃からマツダに乗っているような奇特な人達の集まりです。
昭和時代はSUVというのはマツダは今のように力を入れていなく、どちらかと言えばスポーツカーやセダンなど走りのイメージが強いメーカーだったと思います。
もっともスポーツカーのような車が多く売れる筈もなく、主軸は量産車でとても安っぽい車を作っているメーカーというイメージが強かったのです。
一般ユーザーは安い車だから乗っているという感覚で、またマツダ信者の方はロータリーエンジンなどマツダのニッチな技術を支持して乗っていたということになります。
またロードスターなど趣味性の高いデザインの車もありそこもマツダ信者の大好きな分野です。

ですから今のマツダにはマツダ信者が気にいるようなものは何もないです。
ディーゼル車をやっていますが2.2D以外はマツダ信者を納得させるようなエンジンではないようです。
2.2Dでも低速トルクが太いだけで伸びがあるわけでもなく、静音性も言うほどはないということで実際は今一つのようですね。
つまり今のマツダのディーゼルなどは新参者が買っているというわけです。

今のマツダを支持しているのはもはや新参者ばかりでかつてのマツダ信者はスカイアクティブXやロータリーエンジン復活を待ち望んでいるようです。
そういった独自のマツダらしい技術に期待していて一般ユーザーとの感覚とはかけ離れたことばかり言っています。
Mazda3についてもエンジンの話ばかりしていて現行ラインナップには大したエンジンも無いのにあれは駄目だ、これは良いだとか小さなことばかりこだわっています。
例えば具体的には「1.5Lは誰が買うんだ、2.0Lにするわ」などという意見もあるようですがどっちでも一緒でしょ…、何でそんな小さいことばかり言い争っているんだ?という感じです。

CX-30はMazda3以上にマツダ信者にそっぽを向かれる?


CX-30は新規のマツダユーザーを少数確保することは可能ですがマツダ信者のユーザーは乗り換えることがないと思いました。
デザインが今一つですし、これならMazda3を買った方がカッコイイとなりますよね。
どうもこういったデザインは日本人は余り好まないようです。

CX-30のデザインは欧州の人達が喜びそうな感じですね。
余りにもオーソドックスなのは日本人くらいしか喜ばなく、もっと変化球的なおしゃれさが欧米の人は喜びそうだなと思います。
日本だとなぜかCX-30くらいでも奇抜なデザインと言ったりしますから日本人というのは横並びが本当に好きな民族ですよね。
これは江戸時代の五人組制度から来ている精神的なトラウマかもしれません。
五人組は実際には江戸時代には機能してなかったという説もありますがそれでも連帯責任的な意識、統治方法が日本人の一般国民の意識に影を落とす結果になっていると言えるでしょう。今現在も奇抜なことを少しでもしてしまうと村八分にされたり日本社会が息苦しいのは昔からなのではないか?というような思いを馳せてしまう程にCX-30は日本では受けないと予想しています。

初動は売れるでしょうが後が続かない予感しかしません。

CX-3はどこへ行く?


最初はCX-3の新型が発表されるという噂だったのですが実際に発表されたのはCX-30でした。
これでCX-3は無くなるのではないかという話もあったりしますがCX-3はCX-3で残るのではないかと私は思いました。
CX-3はデミオベースの小さい車種でそれなりに需要がありそうです。
大きい車好きのアメリカ人でもCX-3を買う人がいるそうですから一定の需要はあるんだなということです。

日本ではCX-5でも大きすぎると言われるくらいに小さい車が好きな人や小さい車しか駄目という人が多いのでCX-3は調度良い大きさなのではないかと思いましたね。
好きで軽自動車に乗っている人ばかりではないでしょうが軽自動車で十分だと言う人が圧倒的に多い日本なので大きさとしてはCX-3は必要十分です。
軽自動車よりも車内が狭いのは玉に瑕ですがCX-3に乗ることで見栄は張れるんじゃないでしょうか。

CX-3はなんとも言えない車です。実質2人乗りで(前しか乗れない)荷室も狭く、車内は軽自動車よりも狭い。
エンジンは2.0Lと1.8Lディーゼルで自動車税は高く、車体価格も高いというプチセレブみたいな女性が乗る車だと思いますね。
中身はデミオですしこれに何でこんなにお金を支払わないといけないのか?ということが分かっていると買わないです。

そういうことでCX-30が生まれたという経緯があるでしょう。

車買取 静岡